12月の上映作品はこちら

あっという間に年末ですね。

12月の上映作品はこちらです!


キートンの探偵学入門 Sherlock Jr.

2022年12月5日(月)10時〜

華麗に優雅に…すべての謎を一瞬に解く!
名探偵キートンの恋愛爆笑大活劇!


[INTRODUCTION]

映写技師のキートンは恋人の前で失態を演じて意気消沈。つい上映中に居眠りしてしまい…。キートンの分身が映画の世界に入り込み、名探偵シャーロックJr.となって大活躍。スクリーンを行ったり来たりするキートン。メタテクストな傑作!


[1924年/アメリカ/サイレント/モノクロ/45分]

監督:バスター・キートン

脚本:クライド・ブルックマン、ジーン・C・ハベッツ、ジョゼフ・ミッチェル

撮影:エルジン・レスリー、バイロン・フーク

美術:フレッド・ガブリー

出演:バスター・キートン、キャサリン・マクガイア、ジョー・キートン、ワード・クレーン、エルウィン・コネリー、ジョン・ボルドー、フォード・ウエスト


ユーリー・ノルシュテイン監督特集上映
アニメーションの神様、その美しき世界

2022年12月5日(月)10時〜

切り絵を用いた緻密な作風で知られるロシア人アニメーター、ユーリー・ノルシュテイン。宮崎駿・高畑勲監督をはじめ、世界中のアニメーターからリスペクトされる存在です。今回、監督の代表的な6作品を世界初となるHD画質のデジタルリマスター(2K修復版)で上映します!

監督:ユーリー・ノルシュテイン  [ロシア/80分]


 『霧の中のハリネズミ』を含む、計6作品を上映!

①『25日・最初の日』(1968年/10分) 
②『ケルジェネツの戦い』(1971年/10分)
③『キツネとうさぎ』(1973年/10分) 
④『アオサギとツル』(1974年/10分)
⑤『霧の中のハリネズミ』(1975年/10分) 
⑥『話の話』(1979年/29分)


カモン カモン

2022年12月5日(月)13:30〜

“ 君の話を聞かせて ”


突然始まった甥っ子との共同生活。
戸惑いと衝突、想定外から生まれた奇跡の日々。


[INTRODUCTION]

『20センチュリー・ウーマン』『人生はビギナーズ』のマイク・ミルズ監督が、ホアキン・フェニックスを主演に、突然始まった共同生活に戸惑いながらも歩み寄っていく主人公と甥っ子の日々を、美しいモノクロームの映像とともに描いたヒューマンドラマ。自身の子育て体験から生まれたという、マイク・ミルズ監督史上最も親密な最高傑作。『ジョーカー』での怪演でアカデミー主演男優賞を受賞したホアキン・フェニックスが、一転して子どもに振り回される役どころを軽やかに演じた。ジェシー役は新星ウッディ・ノーマン。

[STORY]

NYでラジオジャーナリストとして1人で暮らすジョニーは、妹から頼まれ、9歳の甥・ジェシーの面倒を数日間みることに。LAの妹の家で突然始まった共同生活は、戸惑いの連続。好奇心旺盛なジェシーは、ジョニーのぎこちない兄妹関係やいまだ独身でいる理由、自分の父親の病気に関する疑問をストレートに投げかけ、ジョニーを困らせる一方で、ジョニーの仕事や録音機材に興味を示し、二人は次第に距離を縮めていく。仕事のためNYに戻ることになったジョニーは、ジェシーを連れて行くことを決めるが…


[2021年/アメリカ/ビスタ/5.1ch/108分]

監督・脚本:マイク・ミルズ

出演:ホアキン・フェニックス、ウディ・ノーマン、ギャビー・ホフマン、モリー・ウェブスター、ジャブーキー・ヤング=ホワイト

音楽:アーロン・デスナー、ブライス・デスナー(ザ・ナショナル)

配給・宣伝:ハピネットファントム・スタジオ

原題:C’MON C’MON

日本語字幕:松浦美奈

配給:ハピネットファントム・スタジオ

© 2021 Be Funny When You Can LLC. All Rights Reserved.


サンタクロースになった少年(日本語吹替版)

2022年12月19日(月)10:00〜

極寒の地で孤児になった少年が歩んだ長い道のり———
胸熱くなるサンタクロース誕生秘話。


[INTRODUCTION]

サンタクロースはなぜサンタクロースになったのか。その少年時代に秘められたハートウォーミングなサンタ誕生物語。クリスマス伝説の謎が解き明かされる! 孤児になった不幸にもめげず、人々に愛と善意を贈り続けたニコラス少年の姿が胸をうつ。サンタクロースはなぜクリスマスイブにやってくるのか、なぜ赤い服を着ているのかが解き明かされる。

フィンランドでは年間興収1位を記録! ドイツではDVDがミリオンセラーを記録するなど、大きな話題となった。

原作はフィンランドを代表する作家・脚本家のマルコ・レイノ。児童書として書かれた原作『クリスマス・ストーリー』の映画化にあたって自ら脚本を担当。翻訳版絵本『クリスマス物語』は講談社から刊行されている。

また、本作はサンタクロースが住むという、フィンランドのラップランドで撮影。厳しくも美しい本物の白銀の風景は、人工雪やCGとは比べものにならない迫力だ。

[STORY]

その少年時代が解き明かす、悲しくも心温まるサンタクロース誕生秘話。ラップランドの寒村。事故で両親と妹を失った幼いニコラスは、村人たちが1年交代で世話をすることになる。毎年クリスマスは、ニコラスが新しい家族の元へ移る日。彼はイブの晩、世話になった家の子供たちに手作りの玩具を置いておくのが習慣となった。だが6年後、村は飢饉にみまわれ、ニコラスは隠者暮らしの大工イサッキに引き取られる。厳しい修業の合間にも、ニコラスは玩具を作り、村の子供たちへプレゼントを贈り続けた。時が経ち、子供の数はどんどん増えていった…。


[2007年/フィンランド/日本語/16:9/80分]

監督・製作:ユハ・ヴオリヨキ

原案:マルコ・レイノ、アク・ルヒミエス、ヨハ・ウリオキ

脚本:マルコ・レイノ

出演:ハヌ・ペッカ・ビョルクマン、カリ・バーナネン、ミナ・ハップキラ、ミコ・レッピランピ、ラウラ・ビルン、アンテッイ・ツイスク、オット・グスタフソン、ジョナス・リンネ

原題:Joulutarina/英題:Christmas Story

配給:オンリー・ハーツ

©️SNAPPER FILMS OY


川っぺりムコリッタ

2022年12月19日(月)13:00〜

“ 心をほぐす 幸せがある ”


友達でも家族でもない。
でも、孤独ではない。


[INTRODUCTION]

荻上監督といえば、日本中でブームとなった『かもめ食堂』の大ヒット以降、2017年、トランスジェンダーの女性が主人公の前作『彼らが本気で編むときは、』が、日本映画初のベルリン国際映画祭テディ審査員特別賞他、多くの国際映画祭受賞を果たしてきました。本作は、そんな国内外で高い評価を受けてきた荻上直子監督による完全オリジナル脚本で贈る、新しい「つながり」の物語です。荻上ワールドおなじみの「おいしい食」と共にある、「ささやかなシアワセ」の瞬間をユーモアいっぱいに描き、誰かとご飯を食べたくなり、“ささやかなシアワセ”をお持ち帰りできるハッピームービーです。

[STORY]

山田は、北陸の小さな街で、小さな塩辛工場で働き口を見つけ、社長から紹介された「ハイツムコリッタ」という古い安アパートで暮らし始める。無一文に近い状態でやってきた山田のささやかな楽しみは、風呂上がりの良く冷えた牛乳と、炊き立ての白いごはん。ある日、隣の部屋の住人・島田が風呂を貸してほしいと上がり込んできた日から、山田の静かな日々は一変する。できるだけ人と関わらず、ひっそりと生きたいと思っていた山田だったが、夫を亡くした大家の南、息子と二人暮らしで墓石を販売する溝口といった、ハイツムコリッタの住人たちと関わりを持ってしまい…。図々しいけど、温かいアパートの住人たちに囲まれて、山田の心は少しずつほぐされていく──。


[2021年/日本/120分]

出演:松山ケンイチ、ムロツヨシ、満島ひかり、吉岡秀隆 ほか

監督・脚本:荻上直子

配給:KADOKAWA

© 2021「川っぺりムコリッタ」製作委員会


学校に行きづらい日は映画館へ

0コメント

  • 1000 / 1000